SIDEJOBに限らず、資格を持つことはビジネスにおいて大きな武器にもなり、なにより自分自身の自信にもつながります。弁護士や会計士のように資格がなければできない特別な仕事もありますが、資格の多くが、その有無によって実力の判断材料に使われることがよくあります。
数ある資格の中でも在宅の仕事やアルバイトにも役立つ資格を取り上げています。

『Side job』は『Side work』と同じように副業、内職、兼業、アルバイトを意味する言葉です。

WEB関係の仕事に役立つ資格

Web関係の資格は、民間のものが多く、デザイン、技術、マーケティングなどの分野ごとに沢山あります。
この中で、唯一の国家資格「ウェブデザイン技能検定」がおすすめです。
ウェブデザイン技能検定はウェブデザインやシステム構築、セキュリティ対策などウェブサイトの利用・設計・制作・運用に関する幅広い知識を実技と学科試験で評価する内容となります。

ウェブデザイン技能検定公式サイト

英語の資格は万能選手

現在の国際化時代には、英語が必須になりつつあります。政府の動きを見ても英語に力を入れてるのがよくわかります。

実用英語技能検定

『英検』というのが一般的ですが、正式名称は『実用英語技能検定』です。
日本では、英語の資格と言えば『英検』というぐらいあまりにも有名な資格です。
英検は、難易度によって1級、準1級、2級、準2級、3級、4級、5級という7つのレベルに分類されています。
もっとも易しいのが小学生レベルの5級で、1級は超難関になります。
日常会話なら3級程度なのですが、2級以上の資格が欲しいところです。
英検の詳しいことは、日本英語検定協会の『英検公式サイト』や見やすくまとめられた『英検のちょっと知りたいあの情報』などで確認してください。

英検公式サイト        

英検のちょっと知りたいあの情報

TOEIC

TOEICは Educational Testing Service(ETS)というアメリカの団体が主催する世界共通の英語検定試験です。日本では、一般財団法人 国際ビジネスコミュニケーション協会(IIBC)が実施しています。
ビジネスマンを中心に非常に高い人気があるTOEICですが、英検のように一級、2級といったレベル分けがありません。合格不合格というものがなくスコア(得点)で自分自身の英語能力がわかる仕組みになっています。

TOEIC公式サイト